取得すれば多くのメリットがある!ドローン国家資格に関するお役立ち情報をご紹介

ここではドローン国家資格のお役立ち情報をご紹介しています。ドローンはさまざまな領域で活用されていますが、配送業務の場合は目視外飛行が中心になる関係から民間資格では申請しても受理して貰えないケースが多いためドローン国家資格が必須です。なお、ドローン国家資格は一等と二等の2種類があり、一等はレベル1~4に対応していて二等はレベル4には対応していません。有人地帯での目視外飛行になるえる配送や投下などは、レベル4に対応しているドローン国家資格が必須です。

ドローン国家資格の一級と二級の違い

ドローン国家資格は、ドローンの運航を行うために必要です。その中でも、一級と二級の資格にはいくつかの違いが存在します。実はこの点はあまり知られていないので、これから免許を取得しようと考えているなら、注意が必要です。 ドローン一級はより高度な技術と知識を要求されます。資格保有者は、より複雑な飛行ミッションを遂行することが可能です。より高度な操縦技術を持っていることを意味しますし、同時に安定した飛行を行うことが求められています。 一方でドローン二級はより初心者向けの資格です。二級資格保有者は、比較的簡単な飛行ミッションの遂行が主な任務です。ただし、十分な知識と技術を持たなければ、ドローンの操作が困難になることもあります。 このように、ドローン国家資格のそれぞれの違いは、遂行できる飛行難易度や要求される技術や知識のレベルにあります。運航するドローンの目的や使用環境に応じて、適切な資格を取得することが重要です。

ドローン国家資格で出題される学科試験の科目

ドローン国家資格の学科試験ではさまざまな科目が出題されています。これらの科目の知識は、ドローンを安全に操縦するために必要となるものです。試験で出題される科目の一つは、無人航空機に関係する知識です。受験者は航空法に関する知識を一通り知っておく必要があります。航空法以外の法律の知識もこの試験の出題範囲です。重要な施設の周辺の地域の上空における小型無人機などの飛行を禁じるために作られた法律に関する知識も、問われることがあります。電波法についての知識も試験の出題範囲です。試験では無人航空機に使用されているシステムのことも問われます。無人航空機の機体の特徴なども知っておく必要があり、それぞれの種類ごとの特徴もドローン国家資格の試験で問われます。無人航空機には飛行機の他に回転翼航空機という種類もあり、回転翼航空機もヘリコプターとマルチローターの2種類があります。夜間飛行についての知識もドローン国家試験の出題範囲です。

ドローン国家資格の身体検査に合格するための基準

ドローン国家資格を取得するためには、身体検査をしたことを証明するための書類を提出することが必要です。この書類に書かれている検査の内容によって、ドローン国家資格を取得できるかどうかが決まります。資格を取得するために必要となる身体能力の一つは視力です。視力の身体検査に合格するための基準は、両目で見た時の視力が0.7以上であることです。片方の目だけで見た時の視力が、それぞれ0.3以上であることも、合格をするために必要な条件です。裸眼の状態では上記の条件をクリアできない場合でも、メガネやコンタクトレンズなどを使用すれば上記の上記の条件をクリアできれば、資格を取得することは可能です。片方の目の視力が0.3未満の場合には、視野の検査をあわせておこないます。ドローン国家資格を取得するためには、色覚の検査に合格することも必要です。色覚の検査に合格するための基準は、1セット目の身体検査で全て正しく解答することです。

ドローン国家資格の自己申告書で書かなければいけないこと

ドローン国家資格を受験する人は、身体検査証明書を提出する時に自己申告書も一緒に提出することが必要です。自己申告書に書かなければいけないのは、現在発症している病気に関する情報です。現在発症しているかどうか正確にわからなくても、自覚できる症状がある場合にも自己申告をすることが必要です。ドローン国家資格で自己申告をすることが決められている情報の一つは、糖尿病についての情報です。内分泌もしくは代謝の疾患を発症していることも自己申告をすることが必要です。このような疾患の代表的なものは、高尿酸血症や脂質異常症などの疾患です。甲状腺や下垂体に疾患が発症している人も申告をすることが義務づけられています。書類には、アレルギー疾患に関する情報も記載することが必要です。アレルギー性の結膜炎や鼻炎などの症状を発症している人が対象になっています。食物アレルギーやじんましんも自己申告をすることが必要な症状に含まれています。

ドローン体験 東京に関する情報サイト
生活を彩るドローン

このサイトでは、取得しておくと申請の際に受理されやすいなどさまざまなメリットを持つドローンの国家資格制度に関するお役立ち情報を幅広くご紹介しています。ドローンの国家資格は2022年に誕生したもので、民間資格よりも多くの場所や飛行方法で申請受理の可能性が高まります。ここでは、ドローン国家資格の実地試験の内容や資格を取得できないケースにはどのような要因があるのか、幅広く解説していますので参考にされると良いでしょう。

Search